プロテインシェイカーに入ってる金属製のバネ・ボール?シェイカーボールとは?

プロテインシェイカーに入ってる金属製のバネ・ボール?シェイカーボールとは?グッズ

プロテインシェイカーには、金属製のバネ・ボールのようなものがセットで付いていることがあります。

下の写真のようなものです。

プロテインシェイカーに入ってる金属製のバネ・ボール・シェイカーボール

これは一体何に役立つの?と思う方もいるかもしれないので、効果などの説明です。
間違っても捨てないようにしてください。
いらないものではありません。

プロテインシェイカーに入ってる金属製のバネ・ボールの名前は?

プロテインシェイカーに入ってる金属製のバネ・ボール。
泡立て器や泡立ボールで調べている方もいるようですね。

その名前は「シェイカーボール」と言います。
「ブレンダーボール」とも呼ばれています。

材質はステンレス製になります。

BlenderBallは特許商品

BlenderBall(ブレンダーボール)は、プロテインシェイカーで人気のブレンダーボトルにセットされていますが、どちらもメーカーの特許商品です。
そのため同じような形状で売られている商品は、OEM品か特許侵害している商品の可能性があります。

OEMとは、他社ブランドの製品を製造すること

iHerbのオリジナルプロテインシェイカーもBlenderBallがセットで付いてきます。
Blender Bottle社のブレンダーボトルを安く買いたい方へ!iHerb Goods ブレンダーボール付きブレンダーボトルのレビュー

iHerbのオリジナルプロテインシェイカーのBlenderBall

シェイカーボールの使い方・効果

「シェイカーボール(ブレンダーボール)」は、シェイカーボトルの中に入れ、プロテイン・サプリメント(粉末)などと水分を入れて振るという使い方をします。
プロテインシェイカーに入れて使う事で、粉末などがダマにならないようにする効果があります。
また、口当たりがまろやかになり飲みやすくなります。

シェイク=意味:振ること、揺すること
ブレンド=意味:種類の異なるものをまぜること

つまり金属製のバネ・ボールの役割とは、ミキサーの役割を果たし効率的にまぜる事です。

例えば、安くて手に入りやすいことで人気のザバス(SAVAS)のプロテインシェイカーには「シェイカーボール(ブレンダーボール)」が入っていません。

そういったシェイカーボール(ブレンダーボール)が入ってない商品と比較するとダマになりにくいです。
Myprotein(マイプロテイン)のシェイカーには、やはりシェイカーボールが付いています。

最近のプロテインは溶けやすい仕様になっていますが、「シェイカーボール(ブレンダーボール)」を使ってシェイクした場合と使わなかった場合を比較すると、やはり使った方がダマになりにくい効果があります。
ダマになると底に溜まったりするため、できる限りダマにならないように混ぜる方が飲みやすくて良いです。

「シェイカーボール(ブレンダーボール)」は、プロテインをまぜる時以外にもスムージーやスポーツドリンクなどの粉末飲料の撹拌、ドレッシング作りや子供のミルク作りにも役に立ちますので、あると色々な使い方ができて便利です。

シェイカーボールを使って傷はつかない?

プロテインシェイカー・ボトルの素材は、プラスチック(ポリプロピレン)がほとんどです。
シェイカーボール(ブレンダーボール)はステンレス製のため、長く使っていると経年劣化もありシェイカー内に傷がついていくことがあります。

そのため、定期的に買い換えるのが衛生的にも良いです。
交換の目安は難しいですが、シェイカーのくすみが強くなってきたら買い換えた方が良いと個人的には思います。

またプロテインシェイカーにはステンレス製のものも売っています。
プラスチックよりかは傷が付きにくいですが、全く傷がつかないわけではないのでこちらも気になったら買い換えた方が衛生的です。

飲み口の広いシェイカー・ボトルにはおすすめしない

例えばザバスのプロテインシェイカーなど飲み口が広いものでも「シェイカーボール(ブレンダーボール)」は使えます。

飲むときはボールを取らずにそのまま飲みます。
重さがあるので飲んでいる最中に口の中に入ったりはしませんが、量が少なくなる最後の方では口に入りそうになり邪魔になります。

そのため、「シェイカーボール(ブレンダーボール)」を使うなら、ブレンダーボトルのように飲み口が小さいものに使う方が良いです。

シェイカーボールのデメリットはお手入れ方法

「シェイカーボール(ブレンダーボール)」はまぜるのにとても役に立ちますが、デメリットはお手入れ方法。
洗うのが少々面倒に感じます。

シェイカーボール(ブレンダーボール)が入っていない場合は、プロテインシェイカーを洗えばお終いです。
しかし、入っているとそれを洗わないと不衛生です。
そのため、使ったらスポンジで必ず洗うようにしましょう。

シェイカーボールだけも買える

iHerbでは売っていませんが、Amazonや楽天市場にはボール・バネだけも売っているため試してみたい場合は買う事ができます。
少し割高なのがマイナスポイント。

100均にシェイカーボールは売っている?

ダイソーやセリアなど100均ショップにはシェイカーボール(ブレンダーボール)は現状売っていません。
今後取り扱いがあると試しやすくて良いですね。

シェイカーボール・バネの代用品は?

シェイカーにボールやバネが付いていない場合、その代用品として使えるものの紹介です。

スプーン・マドラーを使う

「シェイカーボール(ブレンダーボール)」の役割は、まぜる事です。
そのため、スプーンやマドラーを使うのも一つの方法です。

氷を入れる

シェイカーやボトルに氷を入れてシェイクすることで、氷がボール・バネの役割をしてくれます。
夏の暑い季節にはおすすめですが、氷の分水分の量を調節しなければ水っぽくなります。
また水以外を使ってまぜる場合は、味が薄くなり美味しくなくなるので注意が必要です。

ミルクフォーマー・泡立て器を使う

ミルクフォーマーとは、ミルククリーマー・ミルク泡立て器・ミルクフローサーなどとも呼ばれる、ミルクを泡立ててくれる調理器具を代用として使うこともできます。
100均でも売っているので手に入りやすい商品です。

代用品はどれもシェイカーボール(ブレンダーボール)と比較すると混ざりにくいです。
以前ミルクフォーマーを使ってみた感想としては、混ぜる部分が小さいので混ざるまで遅い。ダマが溜まるなどおすすめはしにくいです。
そのため、できるならシェイカーボール(ブレンダーボール)を買うか、シェイカーボール(ブレンダーボール)付きのシェイカーを使うのがおすすめです。

シェイカーボールのメリットまとめ

おすすめポイント

  • 混ざりやすい
  • ダマにならない・なりにくい
  • 口当たりがまろやかに
  • プロテイン以外にも使える

シェイカーボール(ブレンダーボール)なしの商品の方が価格が安いですが、混ざりやすく、ダマができるのを防止するメリットもあるので個人的には合った方が便利と思います。
また、単品で買うよりも初めからシェイカーボール(ブレンダーボール)付きの方がおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました